乳首 黒ずみ

乳首の黒ずみをピンク色にする対策、皮膚科で対処方法をご紹介。乳首の黒ずみには原因があります。美白クリームを使ったケアなど乳首をピンク色にする方法をお伝えしていきます。

乳首 黒ずみ ≫ 乳首の黒ずみをピンク色にする対策

乳首の黒ずみをピンク色にする対策、皮膚科で対処方法をご紹介。乳首の黒ずみには原因があります。美白クリームを使ったケアなど乳首をピンク色にする方法をお伝えしていきます。

乳首の黒ずみが気になるという方はいませんか。乳首が黒いとどうしても気になってしまいます。誰かに見せるわけではありませんがやはり黒ずみは気になります。そんな悩みがある方へ向けた情報を公開していきます。

乳首の黒ずみにも原因があります。その原因というのはメラニン色素。メラニン色素は日焼けで皮膚にできるものと思われている方もいるでしょう。確かに日焼けの時は紫外線がメラニン色素の生成を促します。ですが乳首の黒ずみもメラニン色素の生成が原因となっているのです。メラニン色素の生成される原因としてはストレス、ホルモンバランスの崩れ、授乳によるもの、服との摩擦などが挙げられます。エストロゲンとプロゲステロンは2大女性ホルモンとも言われています。この2つはメラニン色素の働きを促進する働きを持っていますので気にするようにしたほうがいいでしょう。

また、摩擦の多い箇所などは黒ずみができるという経験はないでしょうか。摩擦も黒ずみのできる原因となります。摩擦によって軽い炎症を起こしメラにサイトを活性化させてしまいます。サイズの合わないブラジャーを着けていると摩擦で乳首が黒ずんでしまう場合があります。あまり大きすぎず小さすぎずちょうどいいサイズの大きさのブラを着けるようにしましょう。
日本人の乳首の色は一般的には茶色だそうです。ピンク色というのは珍しいそうですよ。白人ならばメラニン色素が少ないので乳首の色もピンク色になるとか。黒人は黒っぽい色になるそうですから黄色人種の日本人は茶色ということになるそうです。

ですがやっぱりピンク色に憧れます。ですので乳首の色を薄くする黒ずみケアのほうほうをこれからご紹介していきます。黒ずみケアには美白成分が有効です。美白成分としてはルミキシルペプチドやハイドロキノン。トレチノイン酸の3つが挙げられます。それぞれの相互作用で美白効果を引き出していきます。

黒ずみケアとして簡単なのが化粧品をかえることです。世の中には多くの種類の化粧品がありますが大手化粧品会社の薬用クリームなどを使うだけでもいいでしょう。また、民間療法としてヨーグルトを使った方法もあります。ヨーグルトを乳首に塗ってサランラップで抑えておくだけ。10分程度抑えておいてその後シャワーで洗い流します。ヨーグルトに含まれる乳清(ホエー)が黒ずみ解消してくる働きがあるそうです。あくまで民間療法ですが、効果は期待することができるでしょう。

皮膚科で美白クリームを処方してもらうという手もあります。皮膚科ではシミやニキビの治療に美白クリームを処方しています。これが乳首の黒ずみの治療にも使えるのです。皮膚科では乳首の黒ずみも治療の範囲内なので皮膚科で黒ずみの相談をすれば美白クリームを処方しれくれるかと思います。

Copyright © 2017- 乳首 黒ずみ